もう一つの風物詩・昔の秩父夜祭

ジリ・ジリ・ジリ~ン。

けたたましく、秩父の町に響き渡るベルの音を背に。

小屋の看板が昭和時代のオカルト雰囲気を一気に高め、多くの人々の足を止め注目を集める。

そこに、男がマイクを片手に小窓の横に立ち、だみ声で始まる客寄せ。(市場のセリで聞くような声質)

「日本のとある地方で見つかった、世にも不思議な・・・」

「上半身は女の姿で、下半身は・・・」

「おら・おら・おら、出て来た、出て来た。」

画像



その隣りでは 『お化け屋敷』 があり、悲鳴が場内外にとどろく。

画像



昔の写真の整理中に出て来た貴重な?スナップ。
撮っていた自分に驚き。
今は、もうない秩父夜祭・もう一つの風物詩。
子供の頃、良く行きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック