終焉の桜

桜の季節も終わりを迎え・・・。
長瀞の夜桜を見に出かけた先週末。
一瞬ですが人が減った時にパチリと撮り。

画像


ライトUPの夜景写真、色が出なくて難しいですね。
一緒に行った、かみさんがコンデジで撮った写真を見たら・・・。
真赤な桜になっていました。

WBがオートでしたので、タングステン(白熱電球)に変えてあげたら、
綺麗な淡い桜色になって関心してました。

近くで一眼で撮っている人も同じように赤くなっていました。
その人は耳をダンボにして、こちらの話を聞いていました。
日中はオートでOKですが、夜は周りの光源に合わせたWBの選択で。
多種多様の光源があると難しいですけど。

夜景で色が出ない場合はWBを変えて、自分好みの選択を。
自分は夜景撮影にはお決まりの設定があります。



この記事へのコメント

2014年04月17日 08:02
おはようございます

夜桜の淡いピンク色が幻想的で綺麗です。
それに、空の藍色と表現していいのでしょうか…、空の色と淡いピンク色のコントラストが素敵ですね(*^-^*)
人が減った一瞬を見逃さないseikoさん、これもカメラマンには必要不可欠ですね、私は何事も反応が遅くて、一瞬のチャンスを逃しています。
夜は周りの光源に合わせたWBの選択のお話は為になりました今でも設定の仕方に戸惑っています。ご夫婦で夜桜とカメラ(*^_^*)素敵な時間を過ごされましたね。
2014年04月22日 21:03
コメント、有難う御座います。
WBの設定はお気にが見つかれば自然と身に付きますよ。
色々試して、好みの感じを見つけて下さい。

この記事へのトラックバック