テーマ:癒しの空間

雪わたぼうし

大降りとなった雪が窓からの景観を変える。 白無垢の街並みに家屋が綿帽子を被った感じで。 なんとな~く、なんですが和の風景と感じるのは・・・。 日本の家屋は三角形の屋根が多いからでしょうか? それとも、花嫁さんの雪綿帽子の面影からでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hidden treasure

宵も更けて、秘かに輝く氷と光の世界。 女神が微笑み、堪能できる至極わずかなひと時。 ヾ(@⌒ー⌒@)ノ The evening also advances. The world of the ice which shines mystically, and light. Slight time for a go…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

What is art ?

結果から言えば普遍的ではない。 何処から普遍性を無くす力が加わるのだろうか・・・。 ??(・_・*)(*・_・)(*~^~)/?? 1+1=2 普遍的である。 ピカソの絵は 1+1=2:-2 そんな感じがする。 ピカソの人生がこの感性を生み出し、普遍性の無い物を築き上げたのだろうか? と同時に誰かに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

cafe

カフェも最近は創作的に表現される時代なのかな~。 温泉マーク。 ちょっと、変わった絵が入っている。♪( ^ー^)ニΣニニ⊃‐・:;プニィィィ 時間がゆっくりと進みそうなこの空間がいい。 和の感しが心地良いのかな? 席がなかなか空きませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒼空の彼方より ~ Blue Canvas ~

仰向けになり、上下逆さまな蒼く広がる空を眺めいるうちに・・・。 自分は空の下にいるのではなく、空の上にいるような不思議な感覚に誘われて。 雲の姿が形を変え天馬がこちらに向かってくるような・・・。 しばらくすると、竜神が舞い降りてくるような雲を見つけて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨高山・古い街並めぐり

五箇山から車で約1時間半で飛騨高山へ到着。 赤い欄干でお馴染みの中橋。さんまちへの入り口とも呼べる橋を渡りきると人力車が訪れる人を待っている。 春には桜で覆われて、人々を魅了する場所でもある。 飛騨といえば飛騨牛。 御当地の食を探しに探しまわり、辿り着いた一軒。 とても柔らかく、少し甘味のあるおいしい肉です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Une oeuvre d'art クリスタルの囁き

光に照らされた切り込み模様。 それぞれの反射の違う角度から、 それぞれの言葉を発しているような気がして。 夏、冷麦、そうめん=ガラスの器。 と清涼感あふれるイメジーがわきおこる。 早いもので、今年も半分終わってしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る皐月

朝日に新緑が照らされ 初々しい緑に遅咲きの八重桜。 絵になる皐月の風景にパチリ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more