テーマ:

川瀬祭り ~上町笠鉾~

綺麗な花笠が宵の灯りに浮かびあがり、 幻想的なシーンに変わっていく。 子供達の元気な掛け声と共に…。 宵宮で八基、出揃う秩父神社。 鐘の合図で次々と山車が出発していく。 ゆらゆらと灯る提灯に秩父屋台囃子の太鼓の音が、 更ける夜へと誘う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父川瀬祭り ~東町屋台~

秩父夜祭と同様に川瀬祭りでも東町屋台の一基が団子坂を上がる。 団子坂を上がると屋台から振る舞いが行われて。 これに当たらぬように避けながら。 街中を曳行する東町屋台 ここは外せない東町ならではのポイント。 宵宮で出発の順番を待つひと時。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川瀬祭り  東町屋台車輪新調工事  ~焼きばめ~

前回、東町屋台の車輪新調を行ったのは昭和8年。 実に82年ぶりの新調となる。 今後、生きている間には見る事も出来ない歴史的に貴重な見学をさせて頂きました。 有難う、御座いました。 なかなか見れないので順を追ってUPしています。 車輪の金輪(鉄枠)を熱く熱して膨張させています。 木の車輪が燃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父夜祭 

斜度30度 近い団子坂。 重力と戦い、軋む。 ゆっくりと前進しながら。 宮地の屋台ですが、団子坂を上る後姿。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父夜祭

豪華絢爛の山車が夜の街を曳行する。 場面ごとに魅せる姿はダイナミックであったり、幻想的であったり。 と様々なシーンに出合える。 上町屋台、神社に向かって出発。 神社からお旅所へ出発。 聖人通りに向けて山車の方向転換をする為、ひとつ先を曳行する宮地屋台待ち。 初めて、じっくりと見てました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父夜祭

今年は歌舞伎公演当番となり、山車が舞台になり。 着物も今年からモデルチェンジ! 観光に訪れた人達と会話の中でも、評判も良かったです。 今年の昼間は天気が良くて気持ち良い。 朝から酔いながら・・・。?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父の夏 川瀬祭り

毎年、暑い夏の幕開けとなるこの日。 すべてを見通しているような目の龍。 宵の風に花を吹き流されながら曳行する笠鉾。 幻想的な世界へ誘うその姿。 ふわっと、上段から徐々に広がる花を持つ笠鉾。 提灯に照らされてほのかに染まる薄桃色の花。 時を超えて今年も訪れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The goddess of midsummer

Grêmio Recreativo Escola de Samba 軽快に奏でるサンバのリズム。 老若男女を魅了しながら、 心と体を踊らせて宵口のひと時を盛上げる。 A samba rhythm echoes a mountain. The heart and the body are dance…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔から好きな時間帯 ~秩父川瀬祭~

太陽が秩父の山々へ沈む時間帯。 藍色の空の下、提灯に照らされ、淡い色に染まる笠鉾。 もう少し早い時間帯だと、雲がピンク色に染まる。 この時間帯は逢魔時とも言うけど、今は死語かな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東町屋台  ~秩父川瀬祭~

神社で東町屋台が出発時間をむかえ。 少し時間もあったので、迫力ありそうなところを狙って。 東町のみなさん、こな感じはどうでしょうか? きりっと締まった感じが、かっこいいですね。 色の組合せと色のりが最高に良い時間に恵まれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月下ノ笠鉾 ~秩父川瀬祭~

こんなに、良いシーンは初めて。 カメラマンの諸先輩達は皆、撮っていました。 この構図は決して外していない。さすが・・・。 月の下で道場の笠鉾が花を数本持ち上げて、花の交換へ準備しているシーンでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋葉神社大祭

毎年、お彼岸の中日の頃に行われる秋葉神社のお祭り。 子供の頃から見ているお祭りの一つ。 神楽をじっくりと見ていました。 不思議なもので、変わるはずのないお面の表情が場面によって変わってくる。 う~ん、奥が深い。 (*゜Д゜) 理事さま、お疲れ様です。 記念に撮ってとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下田野行灯まつり

その昔、鉢形の攻防戦での武士、農民の霊を慰める為に百八の行灯にて供養したのが始まりとされている。 春の浅い秩父路に、 ゆらゆらと揺れる行灯のあかりと共に静かに暮れる宵の秩父。 赤城神社では大きな行灯がともる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの風物詩・昔の秩父夜祭

ジリ・ジリ・ジリ~ン。 けたたましく、秩父の町に響き渡るベルの音を背に。 小屋の看板が昭和時代のオカルト雰囲気を一気に高め、多くの人々の足を止め注目を集める。 そこに、男がマイクを片手に小窓の横に立ち、だみ声で始まる客寄せ。(市場のセリで聞くような声質) 「日本のとある地方で見つかった、世にも不思議な・・・」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ghostly festival ? ~幽霊のお祭り?~

春の珍行事 ジャランポン祭り ~葬式祭~ 秩父路には数多くの祭りが各地に今も残る。 その中でも、奇祭と呼ばる葬式祭。 祭りの名も一風変わっていて 『ジャランポン祭り』 として親しまれている。 法上様役の人が時折あおり、死者がお酒を飲み場を賑やかす。 (秩父地方では和尚さんを法上様と呼んでいます) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田の春祭り

小春日の日差しに誘われて、春祭りに足を運び。 今年は暖かくて、シャッターを切る指も動きやすく。 そんな好条件と運良く重なり笠鉾が正面からやってくる。 今年は陽気のせいか、 笠鉾の花が、春らしさを感じさせてくれる。 笠鉾を先頭に山車が続いて、御旅所へ。 田辺祭—平野功二写真集紀伊民報社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 火渡祈願 ~長瀞火祭り・長瀞山不動尊寺~

三月三日 長瀞宝登山麗で 柴燈大護摩・火渡荒行が奉修され 今年も秩父路に春を告げる。 秩父路の祭りが始まりだした。 来週は山田春祭り、じゃらんぽん、白川。と一斉に始まる。 さて、何処へ行こうかな? そうそう、彗星もやってきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆沢の天気占い

文殊様の縁日も終わりに近づく午後3:00。 文殊堂に隣接する諏訪神社の天気占いが始まる。 この的、白い部分が 『晴れ』 黒い部分が 『雨』 を意味しています。 矢は何処に向かって行くのでしょうか? 最初の2本は魔除けとして的を外して山々に放します。 凛々しい姿で弓を構え。 この弓は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小鹿野鉄砲祭り

紅葉する山々も落ち着く、冬の季節の始まり。 銃声が山々をこだまして、 今年一年を締める秩父・山奥の祭り。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝統と伝承

郷土が築きあげる文化。 もの心つく頃から、お祭りに親しみ。 次の世代へ繋ぐ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦山の獅子舞

浦山・谷川の流れと共に、笛の音が響き渡る。 体に染みわたる笛の音に太鼓の音が腹に響く。 激しく舞う獅子たちに祈願の旗が揺れ動く。 大日如来縁日、未申生まれの守本尊。 申年の私も獅子舞祈願をしてきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大空に咲く、龍の花。~ あの花・勢祭~

椋神社例大祭、毎年10月第2日曜日に行われる。 秋空を彩る、吉田町の龍勢祭。別名 『農民ロケット』 今年はアニメ 『あの花』 のファン向けに1本撃ちあがる。 エントリーNo15 13:00発 3寸径のロケット 奉納者:超平和バスターズ 櫓を煙で覆い、爆音を響かせて飛翔していく。 大空高く飛翔して咲く龍の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

devote oneself to ・・・

ゆらゆらと灯る、宵の口。 一つ、一つ願いを込めて灯して、あとをさる。 良いシーンに出合うと、言葉では表現しきれません。 もっと、日本語勉強しないと・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more